芭蕉が10泊したまち尾花沢

紀行文としては日本最高峰の「おくのほそ道」の文学の中で、芭蕉が10泊の長逗留をしたまちが尾花沢です。ちょっとびっくりしますよね。
7月3日午後から13日の朝まで滞在していたようです。季節はちょうど初夏ですが、紅花の花が咲き始める「半夏生」の頃の来訪は、紅花商人の鈴木清風さんの粋なはからいだったに違いありません。
もうすぐ芭蕉来訪の季節です。尾花沢の涼しいもてなしを「芭蕉・清風歴史資料館」でどうぞ体感ください。
http://www.city.obanazawa.yamagata.jp/3180.html

カテゴリー: おしらせ   パーマリンク

芭蕉が10泊したまち尾花沢 への2件のコメント

  1. shiorimama より:

    芭蕉十泊のまち 尾花沢 !
    この貴重な歴史の財産を生かして未来につなげていただきたい
     斬新なる手法を! かつ、こつこつと・・・頑張りましょう! 

  2. shiobara より:

    >>>shiorimamaさんへ
    書き込みありがとうございます。
    どなたが訪ねてこられても、いつでも我が屋のようにねまれる尾花沢であるように、
    がんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

+ 44 = 46